気軽に利用できる便利な電話代行「リーズナブルに導入可能」

通話

電話対応で悩んだら

電話対応が良くないとせっかくのチャンスを逃がしてしまうこともありますが、電話代行を利用すれば電話対応がスムーズとなります。サービス内容や価格、オペレーターの質は業者ごとに違いがありますので慎重に選んでいきましょう。

メニュー

社内

代行業者を利用する利点

電話代行サービスは、依頼主に代わって電話の受信や発信業務を行ってくれるサービスです。代行サービスの料金は、業者が受信対応した電話件数や、獲得したアポイントメントの数などによって変動するのが一般的です。

電話

電話応対を委託する

業務効率化を図るうえで、電話代行サービスを利用することはとても有効な手段だとされています。導入の際には、十分業者を比較して選定することが重要になります。費用面や、これまでの実績などから判断することをお勧めします。

気軽に導入が行える代行業

固定電話

設備投資の必要無く便利

電話代行はその名の通り、電話の応答を代行するサービスです。代理で電話を受ける人間を常駐させるというサービスでは無く、電話転送サービスを駆使して遠隔で受ける仕組みを採用しているので、どの様な企業においても気軽に利用をする事が可能となっています。大規模な設備投資を行わずに最小限の投資で電話業務をアウトソーシング出来る為、中小企業や個人事業主の方から高い支持を得ています。安い料金プランの業者の場合、月々5000円前後からサービスの提供を行なっているケースもあり非常にリーズナブルに導入が行えます。電話代行の料金システムは基本料と対応可能コール数で料金区分けがされているのが一般的で、少ないコール数のプランであれば料金も最小限に抑える事が可能です。反対に多くのコール数が想定される場合、予め高めの設定をしておかないと結果的に追加料金が発生して、高額な費用となる可能性があるので注意が必要です。なお、電話代行業者を選定する際に押さえておきたいのがレスポンスです。電話を代行して受けてくれていても、タイムリーな情報共有がなされなければ結果的に機会損失となってしまいかねません。タイムリーな情報の共有が行われる体制か否かはしっかりとチェックしておきましょう。電話代行業者によっては電話応答の度にメールをクライアントに発送してくれるサービスを提供しているところもあります。情報共有のスピードが生命線と言う企業の方は特に注意をしましょう。

男の人

電話対応を外注する

事業を行っていく上では顧客との接点が重要になってきます。近年はインターネットが最初の接点となるケースもありますが、今でも電話による接点は重要です。起業したばかりや電話対応の事務員を置くことができない場合などには電話代行サービスを利用することで経費を抑えて適切な電話対応ができます。

通話

電話対応の代行サービス

電話代行のサービスは基本的なカスタマーサポートに加えて、自社の担当者への転送やメール送信など幅広いものとなっています。また、オプションでクレーム処理を依頼することも出来、自社の問題を円滑に処理する事が可能になります。