気軽に利用できる便利な電話代行「リーズナブルに導入可能」

メニュー

代行業者を利用する利点

社内

サービスの基本内容

電話代行サービスとは、その名の通り依頼主に代わって電話の応答を行ってくれるサービスです。一般家庭の電話番をするというような個人向けサービスではなく、主には大量の電話応答が発生する企業向けのサービスです。電話代行サービスには幾つかの種類があり、代表的なものは依頼主である企業宛にかかってきた電話を取り次ぐものです。企業には取引先や顧客から問い合わせや商談の電話が大量にかかってくるため、これを全て自社対応しようとすると相応の人員を電話対応に充てさせる必要があります。しかし、電話代行サービスを利用するとまずは業者が電話に取り次いでくれ、業者が対応しきれない内容のものだけが依頼主企業に転送されるという仕組みであるため、企業側は電話対応に割く人員を最小限に抑える事が可能になります。また、電話代行サービス業者によっては電話の受信対応だけでなく、発信作業を依頼主に代わって行うサービスの提供を行っています。具体的には、テレフォンアポイントメント業務や、既存顧客への連絡業務の代行などがあり、特にテレフォンアポイント業務の代行サービスについては多くの企業が活用しています。電話代行サービスを利用するためには、代行業者に対して一定のフィーを支払う必要があり、一般的には業者が対応した電話受信の本数や、テレフォンアポイントメントで取得したアポの数などによって料金が変動します。業者の中には毎月一定額の料金で無制限に利用できる定額料金を採用している業者もいます。