気軽に利用できる便利な電話代行「リーズナブルに導入可能」

メニュー

電話対応を外注する

男の人

種類とメリット

事業を行っていく上で電話は欠かせないものです。近年はインターネットの普及によって、インターネットが最初の接点となることも増えていますが、それでも電話が最初の接点となることも多いものです。このため電話の対応が事業を進めていく上でのポイントになります。しかし、電話対応をする事務員を置いておく余裕がない場合やそもそも電話がかかってくるほどたくさんの接点がないような場合には電話の担当者を置いておくのは効率の良いものではありません。そのような時には電話代行サービスを利用するのも方法です。電話代行サービスは電話対応を依頼者に代わって行ってくれるものです。電話代行サービスといってもいくつかの種類があります。完全に電話対応を代行してくれるようなところから電話番号を提供し、そこから必要に応じて依頼者に転送したり情報を記録して依頼者に送信したりするサービスを行っているところなどがあります。また専門職に強い電話代行サービスもあり専門用語の知識が必要な士業関係に強みのあるところもあります。電話代行サービスはニーズに合わせて選ぶことができ、起業したばかりの個人事業主や電話の対応を適切に行いたい企業などが利用しています。利用するメリットとしては適切な対応ができることですが、デメリットとしては電話代行をしてもらうためには費用を支払う必要があることです。費用は月額固定の基本料金とプラスして応対した数に課金されることになり、電話の応対回数が多い場合にはそれなりの費用が必要ですが応対したデータを文書データとして起こしてくれる場合には、電話の受付情報を記録することができるメリットもあり、自社で行うよりも経費が削減できる場合もあります。